離婚したくない場合

相手は離婚をしたがっているけれど、皆さん自身が「離婚をしたくない」「どうにか離婚を回避したい」と思っている場合には、離婚を成立させることは難儀です。

例えば、相手が勝手に離婚届を役所に提出してしまう場合も考えられますが、皆さんが前もって「不受理届」を提出しておけば、役所側は離婚届を受理することはできません。多くの離婚は「協議離婚」という形で、離婚届を提出するだけで離婚が成立してしまいますから、離婚届の提出を防ぐことが先決というわけです。ですので、相手が勝手に離婚届を提出しかねないことが考えられる場合には、前もって役所に不受理届を提出をしておくこと、皆さんが相手よりも先に動くことが重要です。

それ以前に、相手に相談もなく勝手に離婚届を提出してしまうことは違法行為となります。例えば皆さん自身が感情的になってしまい、相手に相談せずに離婚届を提出してしまったとすると、皆さんが違法行為をしたということになってしまいます。離婚は互いの同意がなければ成立させることができませんので、離婚届の提出は必ず相手と十分な話し合いをして結論が出てから行いましょう。

また、相手が離婚調停を申し出てきた場合には、調停に出向いて離婚をしない意思をしっかり伝えることが必要となります。調停に出向かずに拒否をすることも可能ですし、拒否しても離婚が成立することはありませんが、意思を伝えることで状況が変化することも可能性として大いにあるものです。ですので、相手から申し立てを受けた場合はできる限り調停に出向き、離婚をしたくないという意思をハッキリ伝えましょう。

こうして自分の意思をハッキリ伝えるという点では、相手が離婚裁判の訴訟を起こした場合にも同様に言えます。離婚調停の場合は、申し立てを拒否しても離婚が成立することはありませんが、離婚裁判の場合は訴えられた皆さん自身が出頭しなければそのまま離婚が成立してしまいます。裁判を拒否するということは自動的に敗訴ということになり、皆さんが離婚を認めたとされてしまいます。

ですので、相手から訴訟を起こされた場合には必ず裁判に出席し、離婚の要件が満たされていないことを自分の言葉で主張してください。離婚をしたくない場合には、自分の意思をしっかり伝えることが重要です。


損をしない正しい離婚相談の仕方!

離婚マニュアル 【無駄なお金をかけずに離婚】

きっちりあなたにとって有利に離婚をしようとすると弁護士費用などで膨大なお金がかかってしまいます。ですがこの離婚相談マニュアルであれば10分の1以下の値段できっちりとあなたにとって有利な離婚が可能になります!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ